敏感肌スキンケアの人気ランキングでオススメの化粧品を使った方の顔画像

乾燥肌の化粧水をお探しの方へ…
貴方にあった乾燥肌のための化粧水ランキングをご紹介します。

愛用されてる方や体験者の口コミ、レビュー、リピート率、販売の実績などから、いろいろ調べた結果、ランク付けをしています。

肌がカユイ!カサつく!…肌が荒れて、湿疹が…。これって、乾燥肌ですよね!…では、乾燥肌にはどんな化粧水がいいですか?    私に合ったオススメの乾燥肌の化粧品水はどれですか?!?

このような乾燥肌のお悩みにお答えするために…安全で安心して使用でき、しかも、乾燥肌の改善に効果が実感できるオススメの化粧水を調べてみました!

乾燥肌…いやですね。特に、空気が乾燥する秋から冬なんか、ひどくなったりして…。

肌がカサカサして、カユクてたまらない。(かゆみ)

肌に発疹や炎症が起こってトラブルに…。(湿疹)

ニキビやひび割れができ、しわ、しみ、そばかすも…。(肌荒れ)

これらはみんな、乾燥肌の症状ですね。

この乾燥肌の原因には、いくつかありますが、共通するのが、肌の脂分が不足したり、肌に保湿すべき水分が保たれなくなっている…ということです。

特に、お顔の肌の場合、洗顔のし過ぎや適切で無いスキンケアが原因で、乾燥肌をひきおこすケースもあります。

大事なことは、貴方のお顔の乾燥肌の悩みを改善するためには、毎日の適切な肌の手入れ…適切なスキンケアが大切だということです。

乾燥肌の改善のための適切なスキンケアの一つとして、化粧水(ローション)の活用は、おおいに効果があると言われています。

なぜなら、適切な化粧水は、肌の保水と保湿のバランスをうまくとってくれるスキンケアだからです。

適切な化粧水を選ぶポイントは、肌に浸透しやすいこと、保湿成分を配合しているものであることです。

最近は、肌に優しいノンオイルや、コラーゲンを含んだ化粧水など、いろんな乾燥肌のための化粧水が開発・販売されています。

そこで、どれを選んだらいいのかわからない…という方のために、乾燥肌の改善に効果があり、安全で安心して使えるおすすめの化粧水を調べて、ランキングしてみました。

乾燥肌のための化粧水    おすすめランキング!


乾燥肌を保湿するための化粧水の使い方

肌が乾燥して化粧のりが悪くなってしまったり、つっぱる感じがする人やカサカサしたり、小じわが増えている気がする人は乾燥肌対策をした方が良いです。

乾燥肌は、肌のバリア機能が低下している状態なので、水分や油分を保持することができず、皮膚も薄くなりがちです。

刺激を受けやすい状態なので、放っておくとさらに乾燥が進んだり、シワやシミの原因になったりしてしまいますので、早めのお手入れが肝心です。

お肌への水分補給がそのメインの役割である化粧水は、そのほとんどが水分でできており、肌に水分を与えることに特化した化粧品と考えると良いでしょう。


一方で、たっぷり付けているのに、肌への浸透が実感できないという人もいます。

また、ていねいにコットンパックしたり、重ね付けまでしているのに、肌に浸透する感じがしなかったり、しぼんだ肌にふっくら感が戻らない感じがする時には、付け方を見直すことが、浸透させることにつながる可能性があります。

汚れた肌や角質がたまった肌は、水分が浸透しにくいので、クレンジングと洗顔料を使って洗顔をしっかりとします。

ごしごしこすると、肌表面が荒れてしまい、乾燥肌が進んでしまうので、優しく洗うことがポイントです。

指の指紋でこすらないようにするイメージで、たっぷりのクレンジング剤や泡を使って洗いましょう。

洗顔後の肌を、乾いたタオルでこするのも、逆効果なので、タオルを肌にゆっくりと当てて、こすらずに水分を吸い取るようなイメージで、軽く水滴を拭きましょう。

化粧水を付けるときには、乾燥しやすい目元や口元から付けていきます。


次に頬にていねいにつけてから、おでこや鼻など比較的乾燥しにくい部分に進んで行きます。

コットンを使って、むらなく、ゆっくりと肌に水分を浸透させるイメージで押し込んでいくと効果的です。

乾燥肌に水分を一度にたくさん与えても浸透しにくいので、何回か重ねづけをして、少しずつ確実に水分を肌に押し込んでいくと良いでしょう。

保湿効果のある化粧水を使うと、しっとりした感じになりますが、時間がたつと乾いてきてしまうので、化粧水を使って保湿した後は、美容液や乳液、クリームなどを重ねて、水分を逃さないようにすることがポイントです。


■乾燥肌の化粧水@おすすめランキングについて…■

このサイトで紹介しているランキングは、サイト管理人である私たが、独自で調べた結果ですので、その辺りは、ご了承ください。


当サイトが、貴方の乾燥肌のための化粧水選びの参考になれば、これ以上の悦びはありません。



このページの先頭へ